カテゴリ:お呼ばれ( 34 )

和食が美味しい

父の日を1週間前倒しして、息子が連れて行ってくれたお店。
「八雲ダイニング」は札幌医大の裏にある見過ごしそうな
小さなお店です。
函館の近くの八雲町出身のオーナーが一人でやっていて、
旬の美味しいものを出してくれます。

突出しは行者にんにくや山ウドなどをボイルして
納豆だれを付けて
a0259275_19524637.jpg


生ウニがたっぷり乗った茶碗蒸し
a0259275_19545397.jpg


飛び切り生きのいい毛蟹の身を甲羅にてんこ盛り
食べても食べても無くならない。
中から味噌が出てきて混ぜ混ぜ。
一人に一杯。食べ応え有って蟹好きには堪らない。
a0259275_2014635.jpg



カワハギのお刺身。肝をタレに溶かして。新鮮だから生の肝がコクを出す。
これも一人分。
a0259275_2035399.jpg


山ウドの天ぷら。タラの芽より香りがあって好きです。
a0259275_2071661.jpg


〆は店主が打ったおそば。
これがまた最高。

日本酒は息子が持ち込んだ神川(かみかわ)は
良く分からないけど、トロっとして美味しい。
今、人気のお酒らしい。
a0259275_20192221.jpg


この頃はこう言う、素材を楽しむ和食を居酒屋風の所で
ゆっくりくつろいで頂くのが良くなってきたのは、
年のせいかな?
ご馳走さまでした。
[PR]
by modesta | 2018-06-12 20:41 | お呼ばれ | Comments(1)

春の香り漂うお料理

日が長くなりました。
赤れんがテラスの4階のイタリアンレストラン夕暮れ時、窓からのロケーションは素晴らしく見とれます。
夕陽がゆっくり落ち、辺りが夕闇に包まれると、やがて赤れんがの旧道庁がライトアップされ、ぽっかりと浮かび上がる景色を眺めながらのお食事はまた格別です。
S先生ご夫妻からお招きを受けました。

ランチは頂いた事はありましたが、ディナーはお初でとても楽しみに
伺いました。

期待に違わず旬の素材を使った素敵なお料理でした。

前菜はフランス産の太ったホワイトアスパラガスと
毛ガニのアンサンブル。食べごたえのある美味しい一品。
a0259275_23125432.jpg


次の前菜は新筍と蛍イカのサラダ仕立て。
a0259275_23175825.jpg


フォアグラのソティーそら豆のリゾット添え
とろける美味しさです。
a0259275_23202065.jpg


アイナメのアクアパッツァ
大きなアサリからのお出汁も効いています。
a0259275_23223164.jpg


仔牛ロース肉のロースト 編み笠茸のソース
a0259275_23245627.jpg

どのお料理も目に美しく、お味も美味しく、なんて幸せな時間だった事でしょう。
春を味覚でも感じたひとときでした。ご馳走さまでした。
[PR]
by modesta | 2018-05-11 23:47 | お呼ばれ | Comments(0)

秋の味覚を堪能

秋の夜長に、贅沢にも秋の味覚を楽しませて頂きました。
札幌で和食では3本指に入るお店「三徳六味」
素材を生かし、美味しいものを頂けるお店です。
最初にメインのお顔拝見。大きい@@
a0259275_2121777.jpg

なんとこの立派な松茸は、札幌近郊で採れたものとか@@。
長雨が続いた今年は不作だそうで、この大きさは苦労の賜物。

お部屋の掛け軸も秋の風情。
a0259275_21112447.jpg


お凌ぎは、炙りさんまの棒鮨。
酢飯のお味の良い事。
a0259275_21131515.jpg


椀物は、卵豆腐の中にスッポンが入って、ふわふわで
なんて美味しい~んでしょう。蓋の裏の蒔絵も見事!
a0259275_21183023.jpg


お刺身はキンキと松川がれいとツブ貝。
脂が程よく乗って生きの良い事。
a0259275_21223051.jpg


八寸は秋が色々詰まった楽しい玉手箱。
a0259275_21235038.jpg


ふっくら炊いた鮑の上にウニが乗り、
餡が掛けてあってまろやか。
a0259275_21281160.jpg


うっかり撮り忘れ半分になってしまった
鰻の印籠焼き。多分蒸し焼きかしら。ふわふわです。
器もステキ!
a0259275_2134422.jpg


本命の松茸と名残り鱧。
鱧のお出汁が効いていて美味しい事!!
松茸は勿論初物です。香りも歯ごたえも良く
味わって頂きました。
a0259275_21373485.jpg

今宵も素晴らしいお料理と次回の旅行の話など
楽しいひと時を過ごさせて頂き有難うございました。
S先生ご夫妻に感謝です。ご馳走さまでした。
[PR]
by modesta | 2017-09-26 22:00 | お呼ばれ | Comments(0)

続・究極のグルメ

丁度大きな窓から、真っ赤な夕陽が遠くの山並みに沈むのが見えました。
空の色が美しく変わって行くのを見ながら、いよいよお料理のスタートです。

最初からインパクトがあります。
牛タンの赤ワイン仕立て
ソースが抜群に美味しい。
a0259275_221457.jpg


カニ、エビ、鮪のタルタル。
ドットにしたカラフルなソースを付けて頂きます。
それぞれが、しっかり纏めているので見た目よりずっとボリュウミーで満足感あり。
a0259275_22205770.jpg


コンソメのジュレ。
中に色々隠れて豪華版です。
ウニ、フォアグラ、カニ、フカヒレ、ポーチドエッグ、等々。
a0259275_2230417.jpg


出ました。アワビのステーキ。
ソースは肝を使って、これまた抜群に美味しい。
a0259275_22323565.jpg


役者が揃いました。
フォアグラステーキの下にはイチボ。
霜降りがしっかり入ったステーキは、口に入れた途端に
ジュアーっと肉汁が・・
言葉が出ません。
a0259275_2240995.jpg


最後の〆は、鮪のかまトロ丼。
(お醤油)漬けなので、完食。和風でお醤油味を入れている所が憎い。
お料理全体が締まって、とても効果的だと思いました。
a0259275_22524279.jpg


デザートは、さっぱりとしたパインのソースの中に
チョコレートアイスクリーム  
a0259275_2323741.jpg


これ以上の満足ってあるでしょうか。
marは迷わず☆☆☆を差し上げます。
至福のひと時でした。

完全予約でしかも一組限定。
例え二人でも・・・
我々だけの為に心を込めて
お料理を出してくれている。
なんて贅沢な時間だったことでしょう。
常ににこやかに対応して下さるシェフに感謝です。
そしてオーナーの趣味で、庭に700本もの薔薇が
植えられていて、まるでバラ園の中のレストラン。
手入れが行き届き、元気に咲いていました。
S先生ご夫妻にも心から感謝します。
ご馳走さまでした。。
[PR]
by modesta | 2017-07-25 22:58 | お呼ばれ | Comments(0)

究極のグルメ

美唄の隠れ家的創作フレンチの店Opa”へ
S先生ご夫妻にご案内して頂きました。
厳選した素材を使い、独創性溢れる美しく美味しいお料理は
いつも驚きと感動を与えてくれます。
今回は、どんなお料理を作ってくれるでしょう。
期待に胸が膨らみます。
a0259275_2246639.jpg

今夜のメインの材料のお披露目。
お肉は米沢牛のA5とフォアグラ
a0259275_22501652.jpg

美味しそうな黒アワビ
a0259275_2252259.jpg

究極の取り合わせです@@
お腹を空かせてきた甲斐がありました。
どのように、変身して出てくるのでしょう。
素敵な予感! つづく
[PR]
by modesta | 2017-07-23 23:03 | お呼ばれ | Comments(2)

my birthday

marは、またひとつ歳を重ね、
息子がお祝い会をしてくれました。
連れていかれたのは
a0259275_2365220.jpg

ちょっと変わった名前のお店。
ワイン好きの息子が持参したワインで乾杯!
我が家は何かにつけて乾杯をするのです。
a0259275_2343251.jpg


道産のムール貝。ぷっくりした身が美味しい。
a0259275_2383139.jpg


カップに入った熱々のコンソメスープ。
a0259275_23103516.jpg


タラバ蟹の何とかソース掛け。身が新鮮で美味しい~。
a0259275_23123224.jpg


鴨肉のローストにボルチーニのデミソース
a0259275_23155184.jpg


お野菜たっぷり乗せたパスタ
イクラが合います。(今度真似してみよう)
a0259275_231917100.jpg


お料理は素材で勝負な所が気に入りました。
器もびっくりするほど拘りの器。
美味しいものを食べたい時に行きたいお店と言う感じです。
ご馳走さま!どれも美味しかった~。歳をとるのも悪くないです。
[PR]
by modesta | 2017-01-22 23:56 | お呼ばれ | Comments(2)

新年の顔合わせ会

新年早々S先生ご夫妻に、美味しいお店に連れて行って頂きました。
豊富な種類の日本酒と飛び切り新鮮な魚介のお店”味百仙”は札幌駅の
すぐ近く。いつも満員です。

乾杯。今年もよろしく。
a0259275_2125655.jpg


鮟肝のポン酢仕立て
a0259275_2135614.jpg


矢張りお酒がよろしいようで・・
「まんさくの花」お願いしま~す。
a0259275_21111874.jpg

熱々の大トロ入りの葱鮪(ねぎま)汁。贅沢の極み。
冷えた身体に熱々のお汁がきゅーっと染み渡り
美味しいことといったら。一気に体がポカポカに。

特大の平目と縁側、そして一個づつ種類を変えてのお造り
は心憎いじゃあありませんか。
a0259275_21201556.jpg


脂の乗ったきんきの焼き物。
つい、はしたなく骨までしゃぶってしまったmar。
a0259275_2123056.jpg


タラの白子のたちの天ぷら 何て大きいの。口の中でトロリと溶けます。
a0259275_21254334.jpg


最後のお茶漬け
ウドとわかめと鮭入り
春の香りがしました~。
a0259275_21313264.jpg


どれも美味しく、ご馳走さまでした。
ご夫妻と一緒に旅行に行くようになりはや20年近く。
お陰さまで楽しい思い出を沢山作ることが出来感謝です。
今年も楽しい旅、ご一緒してください。
[PR]
by modesta | 2017-01-14 21:49 | お呼ばれ | Comments(0)

至福のディナー*美唄Opaへ

S先生ご夫妻にお招きを頂き、あのレストランへ連れて行って頂きました。
札幌から高速で約1時間。でも何故か長く感じない。
やがてバラが沢山植わっている鉄板レストランOpaへ

今日はどんなどんなステキなお料理かしら。 
にこやかなシェフとオーナーに迎えられ、期待で胸が膨らみます。

最初の一皿
a0259275_23132129.jpg

パテ・ド・カンパーニュと鴨肉のスモーク

何てキレイなんでしょう
a0259275_23182576.jpg

スモークサーモンの土台にオマール海老やホタテ いくら カラフルなお野菜
ビタミンカラーは食欲をそそります。

オマール海老のジュレが乗った冷たいカリフラワーのスープ
スープとジュレが口の中でコラボ 思わず美味しい~。
a0259275_23292769.jpg


鮑と松茸のソティ@@ .
これ以上の組み合わせってある?
豪華すぎ・・・
a0259275_2333042.jpg

a0259275_23332516.jpg

なんて幸せ~と思っていたら、更に追い討ちが・・・

a0259275_2335333.jpg

お野菜の上には、5等級の米沢牛のステーキのマデラソース掛け
柔らかく口の中でトロけます。
極上の味に思わずため息が。
おいしい~。
この贅沢感!お肉の旨みに暫し余韻に浸ります。

〆はトマト味のリゾット
a0259275_0451576.jpg

もう入らないなんて思ったのに、濃厚なトマトの味が良くぺろり。

デザートがマジックみたい。しかも絶品。
最初は大きなチョコボールが。
ホット苺ソースを上からかけると、見る見る溶けて
中からフレッシュなフルーツが・・・
a0259275_014563.jpg

a0259275_021862.jpg

なんて云うアイディア!!こんなの初めてです。
どうやって中にフルーツを入れたのでしょう。
タネ明かしまでして下さいました。

素材もさる事ながら、アイディアと 如何に食べる側に満足してもらうかと言う
熱意がすごく感じられ、美味しさを倍増させてくれます。
そんなシェフの人柄が、多くの人を引き付け
一度食べたら忘れられないお店になっているのでしょう。

お食事が終わる頃には、陽もとっぷりと暮れていました
今夜も至福の時を本当に有難うございました。
誰にも教えたくない、でも一押しのレストランです。
a0259275_0383385.jpg

[PR]
by modesta | 2016-09-27 01:03 | お呼ばれ | Comments(1)

札幌で海の幸を堪能したければ・・

北海道は海の幸の宝庫と云っても過言ではないでしょう。
季節ごとに新鮮な魚介を頂けるのは幸せな事です。
新鮮なものは、素材の味を楽しむのが一番ですね。

S先生ご夫妻に連れて行って頂いたこのお店は
魚介を美味しく頂ける一押しのお店です。
ポン酒党には堪りませんよ。

突き出しは、鮟肝のポン酢仕立て
とろける様なお味です
今夜は日本酒に直行。
a0259275_21423890.jpg


ほぐした蟹の身の蟹味噌和え
これもたっぷり食べごたえ有りです。
おいしい~。
a0259275_214703.jpg


お造りは、大きなホタテがごろっと。
a0259275_21483990.jpg


たち(真ダラの白子)をソティ。その下に敷いた
牛蒡のお味が絶妙!
a0259275_2157388.jpg


きんきの塩焼き。
炭火で焼いているので、油が落ちて良い具合。
a0259275_21583224.jpg


鰊の甘露煮。柔らかく炊いた昆布も
甘からず辛からず良いお味です。
a0259275_2212744.jpg


ホッキ貝の酢味噌和え
口の中がすっきり。
a0259275_2235027.jpg


最後の〆はたら子の醤油漬け丼。
長いものミジン切りが入っていて
しゃりしゃりといい歯ごたえ。
a0259275_2272355.jpg


日本酒の銘柄の多さに@@驚き!
a0259275_22181963.jpg


今宵もほろ酔い、幸せなひと時を有難うございました。
[PR]
by modesta | 2016-02-27 22:21 | お呼ばれ | Comments(0)

バースデー

先日marの誕生会を息子達が開いてくれました。
「ラヴィー」はオーナーシェフが一人でやっていて、とても
素人っぽいお店。
研究熱心で良質の材料を使ってのお料理は
いつも美味しいと思うのです。

最初から驚きの組み合わせ
a0259275_2010953.jpg

干し柿の中にフォアグラ。これがとっても合う~。
ピクルスの下の自家製のコンビーフも美味しい~。

a0259275_20144238.jpg

鮪とピンクの大根のサラダ

a0259275_20175280.jpg

モンゴウ烏賊の下にイカ墨のリゾット。
コクのあるイカ墨のつくり方を惜しげもなく教えてくれます。

a0259275_2020142.jpg

鹿肉も柔らかくて美味しい

a0259275_2023669.jpg

marのデザートには カワイイ花かごとメッセージ!

息子は自分の生まれ年のワインを用意(あれ?まあいいか)
a0259275_20315180.jpg

ひどく汚いラベルだけど、よく見ると可愛い天使が・・・
かすかに、かびたラベルに年号が書かれていました。
a0259275_20331153.jpg


パパのお下がりのカメラで、いっぱしのブロガー気取りでお料理の写真を
撮る孫のM君。
結講、様になってるじゃん。
a0259275_20374724.jpg

[PR]
by modesta | 2016-01-21 20:43 | お呼ばれ | Comments(0)


北国の四季や jijiとmarの日々の暮らしをのんびり綴ります


by modesta

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

お出かけ
お外ごはん
お気に入り
食事
お花
動物
お洒落
ごあいさつ
おうちご飯
旅行

お呼ばれ
季節
散歩
お土産
風景
お買い物
手作り
植物
野鳥
料理
お菓子

ドライブ
その他
戴きもの
食事会
運動
お茶
プレゼント
家呑み

最新の記事

オムレツ大好き
at 2018-09-20 23:11
秋晴れの日
at 2018-09-17 23:25
庭も夏の装い
at 2018-08-11 17:42
夏に美味しいもの
at 2018-07-31 23:03
オールドローズ
at 2018-07-30 09:15

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

最新のコメント

義子さん>朝食に食べるオ..
by modesta at 22:09
オムレツ定番ですね―・・..
by k-yosiko3 at 10:06
御無事で何よりでした ..
by misaodosu at 22:10
鍵コメさま>早速の見舞い..
by modesta at 17:12
義子さん> 思いがけな..
by modesta at 05:07
瑞風・・列車の旅・・素敵..
by k-yosiko3 at 12:36
misaoさん>お返事大..
by modesta at 23:16
沢山のバラ達 どれもこれ..
by misaodosu at 12:15
義子さん> お野菜嫌い..
by modesta at 17:34
かっこ良いサラダ・・美味..
by k-yosiko3 at 16:55

フォロー中のブログ

白金の森から
...
操の気まぐれ日記
気まぐれZOO
欲と二人連れ
sousouka
蔦屋 よしこの「漆って楽...
リンデンの心のままに綴る...

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧